(一社)千葉県臨床工学技士会

機器研修委員会


委員長:川口琢也
委員:配野治、芳森亜希子、阿部二葉
委嘱委員:近藤敏哉

●活動目標

  1. 医療機器の操作・保守・点検に関する知識・技術レベルの向上を目的に、会員に対し情報提供や研修会の開催を行う。
  2. 臨床工学技士の取り扱う医療機器は多種多彩であるため、研修の対象とする機器は多くの施設から広く調査を行い、会員からの要望に応える。
  3. 研修は、実際に装置に触れ理解する「体験学習」形式で開催し、トラブルシューティングや緊急事態の対応訓練など、現場で役立つ知識・技能の提供に努める。
  4. また臨床工学技士が在籍しない施設において、必要な技術・知識の提供を行い、医療機器の適切な運用管理ができる体制作りの支援を行う。


●具体的活動内容
1.血液浄化セミナー (平成29年8月もしくは9月 開催予定)
・肢末梢動脈疾患への臨床工学技士の携わりについて
SPP・ABI等など重症度評価機器の操作および評価方法を身につける
2.循環器関連セミナー (平成29年11月 開催予定)
・各社プログラマー操作および機能をハンズオンセミナーで身につける
・心臓カテーテル治療および不整脈デバイスに関連した講演や実技講習
3.第7回人工呼吸セミナー 平成30年2月25日(日)開催予定
・「人工呼吸療法における今を知る」を開催予定
3学会合同呼吸療法認定士 25単位取得可
日本臨床工学技士会 呼吸治療専門臨床工学技士 8単位取得可 
4.メンテナンス・実技講習会(平成30年 開催予定)
・本年度は各社輸液ポンプまたはシリンジポンプの定期点検について開催を検討中
5.医療機器保守管理法講座
・研修会または技士会ホームページなどによる配信
上記の活動内容より、年度内に3つ以上の講習会を実施する予定。
講習会の内容によっては臨床工学技士以外の職種の参加も広く受け付ける予定。
    

お知らせ

Facebook はじめました。